学期完結制

学期完結制

学期ごとに集中して学ぶ

本校の1年間は、春・秋・冬の3学期で構成されています。各学期はそれぞれ60日の授業日です。授業は学期ごとに開講され、通常1年で学ぶ内容を60日間で集中して学びます。同じ授業を複数の学期で開講しています。生徒はそれぞれの進路や学習到達度に合わせた授業選択をすることができます。

途中編入でも安心

学期完結制により、帰国生徒はどの学期に編入しても、他の学校の年度初めのように一からス タートを切ることができますので、教育制度の異なる国から編入しても安心です。また、併設す るインターナショナルスクールの授業科目も選択しやすくなり、授業選択の幅が広がります。

選んで創る自分だけの時間割

同じ時間割の生徒はいない

義務教育である中等部は、習熟度別クラスを持つ「英語」と「国語」や、オーケストラ、弦楽器、コーラスのクラスが選択できる「音楽」以外は、ホームルームクラスでの授業です

高等部は、学びたい授業、学ぶべ き授業を組み合わせ、自分だけの時間割を学期ごとに創りあげます。各学期中に次の学期の授業選択をします。学校が決めた「コース」ではなく、生徒それぞれが自分だけの学び方を決めるのです。同じ時間割の生徒は一人もいません。

More details are available below:
学期完結制

1年間を60授業日の均等な3学期に分け、学期ごとに完結する授業を置き単位を認定します。日本の学校の始まりの4月、OISなど欧米の学校の始まりの9月、オーストラリアの12月と、1年に3回の新しいスタートができることにより、世界各地からの帰国生や留学をする生徒達の学習がなめらかに継続できます。

自由選択制

生徒が自分が学びたい科目を選び、授業に参加することで、高いモチベーションを期待できます。そこに活気ある教室が生まれ、教師の創意工夫も更に引き出されます。授業を選び自分の時間割を作ることは決して容易ではありません。しかし試行錯誤を繰り返すことで自分を見つけることができます。

無学年制

限られたリソースの中で、生徒の幅広い授業の選択肢を確保するために、多くの授業で学年の枠にとらわれず選択できる無学年制を取り入れました。たとえば必要に応じてより基礎レベルから学習を始めることもできます。高校1年生と3年生が同じ教室で学ぶことで良い相乗効果も生まれています。

生徒の声

"SISの授業は、短く言うと責任感と自主性だと思います。必要なものを自分で履修しますが、他の人が同じクラスを取っているわけではないので自分でペース配分をしなければならないし、やろうと思って履修した授業なので、やらなくてはならないからやるのではなく、自主的にやろうという気持ちになれます。また、そういう気持ちになれるからやり切れるし、身になっていると思います。"