生徒寮

あけぼの寮

学校から徒歩2分の閑静な住宅地に位置する関西学院千里国際中等部・高等部の生徒寮「あけぼの寮」。そこはその名が示すように、ほのぼのとした明るさが生活全体を覆っています。海外勤務中の保護者を持つ生徒たち、あるいは国内において通学が難しい生徒たちのための、安心かつ安全な生活空間です。
あけぼの寮ではハウスマスターとハウスマザーの支援のもと、寮生活の円滑な運営が実現されています。長い海外生活の経験を持つハウスマスターと、文字通り母親代わりとなるハウスマザーのサポートの中で、寮生も寮会等を通じて自ら積極的に意見を出し合うことで、より良い生活環境・学習環境づくりを進めています。

寮の「基本情報」

【所在地】 〒562-0032 大阪府箕面市小野原西3丁目29-28

【Tel/Fax】 0727-27-5184

【構 造】 軽量鉄骨2階建て

【面 積】 敷地:約847㎡、延床:約980㎡

【寮室数】 21室(2人部屋 約18㎡/約11畳)

(各室にベッド・机・椅子・本棚・クローゼット)

【設 備】 男子、女子ゾーンそれぞれにラウンジ・シャワー付浴場・トイレ・ランドリー室・ミニキッチン

(女子ゾーンにはシャワーブースもあります)

【定 員】 34名(男子16名、女子18名、ただし中学3年生以上に限ります)

【交 通】 関西学院千里国際キャンパスより徒歩2分


① 阪急千里線利用の場合:  「北千里」下車 → 阪急バス約15分「関西学院千里国際キャンパス」下車

② 地下鉄御堂筋線利用の場合:  「千里中央」駅下車 → 阪急バス約25分「関西学院千里国際キャンパス」下車

③ JR利用の場合:  「茨木」駅下車 → 阪急バス約30分「新家」下車、徒歩約10分

費 用

入寮費
50,000円(入寮時)
寮費
804,500円(年額)
寮食費
216,000円(年額、朝・夕食)

寮生活全般について

寮則


寮費等細則


荷物受入れ

各自の名前を記入の上、寮へ直送してください。 ハウスマスター・ハウスマザーが入寮日まで保管致します。

寮室の備品

机(引き出し付)・椅子・本棚・畳ベッド(シングル、引き出し付)・クローゼット(全身鏡付)・ゴミ箱・カーテン・エアコンを各寮室に用意いたします。

共同で使用する備品

テレビ・ビデオデッキ・ラウンジ用応接セット・ラウンジ用こたつ・電話機(呼び出し用コードレスホン・発信用ピンク電話)・冷蔵庫・電磁調理器・子レンジ・電気ポット・オーブントースター・食器棚・掃除機・洗濯機・乾燥機・布団乾燥機・アイロン・アイロン台・扇風機(溶室脱衣室)を用意いたしますので、共同でお使いいただけます。

各自で用意していただくもの

寝具類(敷布団、マット、枕等)・衣類・電気スタンド・洗剤・スリッパ・ハンガー・湯呑・コーヒーカップ・常備薬・その他の生活必需品を持参してください。

日用品以外に持ち込みを許可するもの

扇風機・ラジカセ・ヘアードライヤー・パソコン・音量を調節できる楽器等は持ち込みを許可します。
ただし、ラジカセ・楽器については他の寮生の勉強の妨げとならないよう、必ずヘッドホンをつけて使用してください。 上記のもの以外については必ず事前にハウスマスター・ハウスマザーに相談してから持ち込むようにしてください。

持ち込みを禁止するもの

・音量の調節できない楽器ら他人にとって騒音となる音を発生するもの
・テレビ
・個人の電話(携帯電話、PHSは、許可)
・家具など場所をとるもの
・危険物や他人に迷惑をかけるもの
・ペットなどの生き物
等の持ち込みを禁止します。

部屋わりについて

寮室に余裕がある場合でも2人部屋を原則とします。 部屋わりは、入寮後寮生と学寮委員会との協議で決定いたします。

毎日のスケジュール

(登校時)
6:40         起床
6:40-7:00    歯磨き、洗面等
7:00-7:10    寮掃除
7:10-7:30    登校準備
7:30-8:20    朝食(ただし8:00までに登校)
8:30         ホームルーム、授業開始
(放課後)
18:00-18:50  夕食
19:30        門限(土・日は20:00)
20:00        自習(静粛時間)
22:30        天井灯消灯
23:00        ラウンジ使用終了

監督体制について

ハウスマスター1家族およびハウスマザー1名が住み込み勤務で、寮生の指導・監督、日常生活の補助、寮の設備・管理等を行います。

食事の提供

登校日の朝食および夕食につきましては、関西学院千里国際キャンパス内のカフェをご利用していただきます。 アレルギー等のある方はあらかじめ、お知らせください。 なお、登校日以外(土・日・祭日等)は食事の提供はありませんので、各自でご用意ください。

病気になった場合

寮生が病気にかかった場合(高熱が続くなど)、看護の問題、他の寮生への配慮などの理由から、ご自宅または身元引受人御宅へお引取り願うことがあります。

Akebono pamphlet

Click here to view or download the Akebono brochure (English only)