関西学院

関西学院について

関西学院(KG)は1889年にアメリカのキリスト教宣教師によって、神戸の原田に設立されました。設立当初、KGは神学校/アカデミーでしたが、1910年を境にカナダの教会機関のサポートもあり、高等学校を設立しました。大学を建設するため1929年にKGは西宮の上ヶ原に移動し、現在も成長を続けています。現在、関西学院は11校が揃う大学(神学や自然科学/テクノロジーを含む)と13の大学院、短期大学、中学校、高等学校、小学校、そして幼稚園から成り立っています。27000人以上の生徒が神戸から東京の間に位置する幾つものキャンパスで学習しています。今も変化しないことは当初関西学院を設立した創設者たちの根本的なキリスト教の考え方です。今も受け継がれているこの思想は関西学院の国際的な生徒を教育するための基盤となっており、スクールモットーである「奉仕のための練達」にも反映されています

関西学院大学によるアドバンテージ

二つの国際学校と約750人の生徒を持つ千里国際キャンパスはKGが国際的な教育場に発展させるために重要な役割を果たしています。日本国内では一流な少年ー高校教育をオファーしている千里国際学院(SOIS)では生徒と教員が最も努力しています。同時に、KGのような盛大なグループに入っていることによって、他の小さい学校より盛大な機会をオファーすることができるのがSOISです。これが関西学院大学によるアドバンテージなのです。